忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/12/11 08:59 |
にんにくと聖徳太子

にんにくは中国、朝鮮半島から日本に入ってきました。

にんにくが日本に入ってきたのは4Cころだといわれています。

しかし、にんにくが医薬品、食品として普及していく一方で、619年に聖徳太子が

中国から伝来した仏教を国の宗教として定めて以来、ニンニクを避ける思想が浸透していきました

律宗や禅宗ではその修業の場において、怒りや情欲を呼び起こす酒とにんいくを

不浄なものとして食しないように戒律を作り、人々にも要求したのでした。

今でも禅寺門前の戒壇石に、「不許葷辛酒肉入山門」の文字が刻まれているものがあります。

この葷は葷菜(くんさい)、すなわちにんにくのような臭い野菜を指しています。
PR

2007/06/20 14:02 | 未選択

<<にんにくと他の食材 | HOME | にんにくと古代バビロニア>>
忍者ブログ[PR]