忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/09/21 12:02 |
にんにくにまつわる話

にんにくと、徳川家康
 
徳川家康は、茶屋四郎次郎に招かれ鯛の天ぷらにニンニクのすりおろしをつけたものが、

たいへん美味かったため、にんにくを食べ過ぎて食中毒を起こし、死につながったとも言われます。


にんにくと古代エジプト 

古代エジプトではピラミッドの建設のさい、労働者にタマネギやラディッシュとともにニンニクが与えられた。

古代ギリシアでもにんにくは、徴集の際に兵士が持参する食料品の一つとして数えられています。 


にんにくと古代朝鮮 

古代朝鮮の建国神話である檀君神話では、天子に「人間になりたい」と訴えた虎と熊に対し、

ヨモギ一握りとニンニク20個を与え、洞窟の中でこれを食べて100日間修行するよう命じたとされています。


にんにくとドラキュラ
 
吸血鬼ドラキュラがニンニクを嫌うというのは有名な話です。
PR

2007/06/05 08:40 | 未選択

<<にんにくの歴史 | HOME | にんにくは、なぜ臭う?>>
忍者ブログ[PR]